園長あいさつ | 東京都社会福祉事業団【東京都東村山福祉園】

ホーム > 園の紹介 > 園長あいさつ

園長あいさつ

園長 髙岸 聡子

東京都東村山福祉園は、知的障害が重いため支援度が高く、医学的なケアを必要とする児童を対象として、児童の自立支援、生命の安全、行動障害の軽減及び調和のとれた発達を図ることを目的として、東京都が昭和47年度に設置した福祉型障害児入所施設です。平成11年度からは、社会福祉法人東京都社会福祉事業団が運営を委託され、現在にいたっています。

平成30年4月に隣接地に新たに開所した障害者支援施設「希望の郷 東村山」へ、成人の利用者の方々が移行されたことに伴い、当園は児童のみを対象とした福祉型障害児入所施設として新たなスタートを切りました。また施設の老朽化が進んでいることから、この施設分割に合わせ、当園の改築を行う事になり、平成30年5月末から当面の期間は、敷地内に建設した仮設施設での生活となります。

今後は児童の発達支援や、重度の自閉症・強度行動障害のある児童の療育にさらに力を注いでいきたいと考えています。これからも職員一同、児童の理解と適切な支援を心がけて頑張りますので、皆様のご理解・ご協力をいただきますようお願いいたします。

東京都東村山福祉園
園長 髙岸 聡子

ページの先頭へ