事例研究発表 | 東京都社会福祉事業団【東京都東村山福祉園】

ホーム > 園の紹介 > 事例研究発表

事例研究発表

H29年度

障害・課題 支援内容 結果
20代男性・自閉症
強い「こだわり」の表出
言葉での指示が伝わらない
①一貫した対応をできるチーム作り
②こだわる物への視覚的環境調整
③余暇時間の過ごし方の提供
④写真カードの改訂
こだわってしまう時間が短縮され、こだわる行動の表出頻度が減少した。
10代男性・重度知的障害・自閉症傾向
単独で職場まで自主通勤する必要性有
仕事をする上での障害(返事や伝達)
①徒歩・電車での通勤練習の支援
②電車遅延など突発的な事案への対応への支援
③就労に向けた「ほうれんそう」の練習の支援
④卒業後の進路支援
自主通勤ができた。
突発的な状況への対応については要支援。生活の場でコミュニケーションの取り方を工夫するようになった。
10代男性・重度知的障害・自閉症
破壊行為、脱衣、こだわり、他傷
①こだわりを未然に防ぐ支援
(移動時の視覚的環境調整、万華鏡の活用)
②玩具提供マニュアルを基にした、統一的支援
③余暇カードの活用
移動がスムーズにできるようになった。
情緒が大きく崩れることは少なくなった。
事故の予防・再発防止
支援方法の継承や経過の記録の徹底
職員のスキルアップ
①危険予知トレーニング
②危険予知訓練記入シートの活用
③職員のリスクマネジメントに対する意識向上への取組み
職員の実践的な支援力の定着へとつながった。

H28年度

障害・課題 支援内容 結果
20代・精神発達遅滞・自閉症
生活:グループホーム 通所:生活介護
他傷や物損行為がある
本人の自己肯定感が低く、不安定になる
GH・生介で自己肯定感の低さに対する支援を行う
①支援者としての立ち位置を把握する
②距離感が及ぼす支援者の課題を支援者側が理解する
③行動の背景を理解し、支援者の思い・感情をコントロールして本人と関わる
不安定な状況について、グループホームでは引き続き見られるが、生活介護では減少してきている。今まで関わりが少なかった支援者も関わりを持つように取り組む。
30代男性・自閉症
他傷行為・食器をはらいのける・不潔行為・体重の著しい減少
①心理職と連携し、「NCプログラム」を活用
②見通しを持てる生活の提供
(スケジュールボード・食事支援の見直し)
③何もすることがない時間を減らす支援
(散歩支援の再開・個別外出支援の増加)
他傷行為・食器をはらう行為・不潔行為が減少した。
10代男性・精神発達遅滞・自閉症
強度行動障害がある
(自傷行為・他傷行為・奇声・物損行為)
①医師と連携し、服薬調整を行う
②他傷行為を防ぐための代替品の提供
③ストレスの軽減(位置にこだわっている物の固定)
④スケジュールの組み立て支援
⑤本人が選択できる余暇を複数用意
ストレスの軽減、スケジュールの組み立て支援、余暇の用意によって、情緒が安定し、他傷行為が減った。
感染症情報の、看護師・検査技師・薬剤師間での共有
感染症拡大防止
職員の感染症に対する意識の向上
①感染症情報の集約
②園内の感染症の状況が、職員間で閲覧しやすくした
③感染症情報の更新
④感染者状況の報告、注意喚起
職員間で共通認識を持つことで、早めに感染症対策をとることが可能となり、利用者の健康維持に役立てることができた。

ページの先頭へ