心理支援 | 東京都社会福祉事業団【東京都東村山福祉園】

ホーム > 専門的な支援 > 心理支援

心理支援

心理支援

心理支援では、子どもたちの生活がより豊かになるための
①情報を集め、②アセスメントし、③普段の生活で活かせるよう福祉職と連携しています。

発達アセスメント

NCプログラム、遠城寺式乳幼児分析的発達検査、新版K式発達検査2001など、一人ひとりに合ったアセスメントツールを使って得意な事や苦手な事を調べます。

療育

アセスメント結果をもとに療育課題を設定し、運動発達・認知発達の促進を目指します。感覚処理の仕方に偏りがあるお子さんには感覚統合のアプローチを行うこともあります。

コミュニケーションのアセスメント、プレイセラピー

対人関係上の特徴や課題についてアセスメントをし、関わる際に必要な配慮について助言します。他者と良好な関係を築いたり、適切な距離を保つのが苦手なお子さんには、1対1でじっくり関わることで安心感を感じてもらい、気持ちを出せるようにお手伝いします。

行動観察、行動分析

気持ちが不安定になるきっかけや行動の特徴を探ります。生活の様子観察や生活記録を活用し、課題行動が見られる状況に特徴がないか、福祉職と一緒に分析します。また、余暇の充実を目指し、発達状況や感覚の特徴などを踏まえて楽しめるものを探ります。

ページの先頭へ