東京都東村山福祉園 > 専門的な支援 > 地域生活移行の取組み

地域生活移行の取組み

障害のある方に対応した地域への生活移行支援についてご覧いただけます。

障害のある方でも地域での生活を積極的に進めています!

利用者が地域で安心して快適に生活を送れるように、地域支援コーディネーターが中心となって移行支援を行います。
当園では、すべての障害者が、障害の程度や状況、支援の量等に関わらず、地域で暮らす権利をもつ存在と捉え、すべての利用者が地域移行の対象であるとの認識のもとで地域生活移行支援を進めていきます。
現在も取り組んでいる事項ですが、引き続き、利用者の自立への意欲を尊重し、どんなに障害が重くても地域で生活することができるよう、区市町村の関係機関と連携するとともに、長年培ってきたノウハウを活用した新たな事業展開を図り、以下のとおり積極的に地域生活移行を進めます。

地域生活移行棟「ウィズ」

地域生活への移行を希望されている方たちが、一定の期間グループホーム等の生活を想定した生活を送る場です。東大和市内に、平成29年3月新たに開所予定です。

「ウィズ」の運営について

東村山福祉園のスタッフが利用者の方の生活のお手伝いをします。スタッフは、日中、夜間共に、利用者の方がいる間は一緒に過ごしています。また、利用者の方の外出には、スタッフが付き添います。

「ウィズ」の利用者の皆様について

利用者の方は、平日の日中は近隣の通所施設や、特別支援学校に通います。

▲ページトップへ