グループホームけやきの生活の様子 | 東京都社会福祉事業団【東京都東村山福祉園】

ホーム > お知らせ > グループホームけやきの生活の様子

グループホームけやきの生活の様子

スタッフブログ2017.05.10

 新しく開所した、グループホームけやきの生活風景について、ご紹介します!

 4/1(土)開所当日。前日の夜中に降った雨は止んだものの、気温が10度を下回る肌寒い日でした。東村山福祉園から移行された方、地域から移行された方、皆様大きな荷物を持ち、順々に入居されました。

 けやきの4名の職員と利用者の皆様で早速、ショッピングモールのフードコートに夕食外出へ!フレッシュな大家族でテーブルを囲み、好きなものを召し上がり、皆で外出を存分に楽しみました。

 4/2(日)開所2日目。新たな利用者の方が入居されました。荷物を片付けた後、利用者の皆様が一同に食卓を囲んでの初めてのお食事を召し上がりました。引越しそば…ならぬ引越しうどん、おいしそうでした♪

 新しい住まいに笑顔があふれる方、興味津々に探検をされる方、ちょっと不安そうな表情の方など、期待と不安が入り混じったスタートとなりました。

 利用者の皆様は、4/3(月)から、けやきで暮らしながら、昼間はそれぞれ新たな日中活動先に参加されています。

 今では、開所から約1ヶ月が過ぎ、皆様は色々なことに挑戦しながら、自分らしい暮らしをおくり始めています。

 家庭的なグループホームだからこそ発見できる、利用者の皆様の様々な一面を、職員は実感しています。たとえば、音楽機器やゲーム機器の巧みな操作ができる一面、それぞれのペースが尊重される中での落ち着いた様子、職員と密に関わりが持てる中での笑顔が溢れる様子…、数えると両手の指では足りないほどです。また、目の前で調理をしている様子が、利用者の皆様にとって、新鮮に感じられ、楽しみになっているようです。調理時には、2、3名の利用者の方が、カウンター越しに入れ替わり立ち代わりで、興味津々に料理を眺めていらっしゃいます。

 5月からは、週末に移動支援外出を企画しています。また6月には、初めての全体外出を予定しています。これからもけやき職員一同、入居者の皆様が地域での暮らしを最大限楽しみ、充実した豊かな生活を送ることが出来るよう精一杯支援していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

(グループホームけやき)

ページの先頭へ